利尻ヘアカラートリートメントの口コミや評判はどこまで本当?

白髪を染めている人なら、ほぼ全員が知っている「利尻ヘアカラートリートメント」。
でも、ドラッグストアなどで安売りしている白髪染め(ヘアダイ)に比べると結構高価だし、そのわりに「染まらない」という口コミも時々見るし…。
最初の一歩が不安ですよね。

そんなあなたに、利尻ヘアカラートリートメントの正確な情報をお伝えします。

品のある大人カラー<栗色>が新登場
1,000円OFFのキャンペーン実施中!

↓↓利尻ヘアカラーの公式サイト↓↓
http://www.sastty.com/

利尻ヘアカラートリートメントとは

「利尻」とは北海道の最北部にある島で、利尻富士やバフンウニで有名な絶景の地ですが、そこで採れるのが高級昆布の利尻昆布です。

荒波にもまれて育つ黒褐色で栄養価の高い利尻昆布は、京都の懐石料理によく使われることからもその高級度がわかりますが、髪や頭皮に良い成分がたっぷり含まれています

たとえば「フコイダン」は昆布に含まれる食物繊維の一種で、アトピー性皮膚炎やアレルギーの抑制に効果があることが実験でわかっています。
これはフコイダンに乾燥を防ぎ、細菌の侵入を阻止する作用があるから。

アルギン酸」は多糖体の一種で、利尻昆布には特に多く含まれているとされる成分です。
これには保湿と天然の乳化作用があり、石油系の乳化剤より安全性が高く、医薬品として使用されているほどです。

ミネラルも豊富で、カルシウム、鉄、亜鉛、銅など髪と頭皮に良い成分がたっぷり

昔から昆布は髪に良いといわれて来ましたが、一時「昆布の色から連想されているだけ」というマイナスイメージが広まったことがあります。
しかし利尻昆布はこのように有効成分がたっぷり含まれているので、食べることはもちろん、髪や頭皮に塗布することもとても髪の健康のために良いことなのです。

髪や頭皮に優しいトリートメントタイプの白髪染め

「トリートメント」という名称からもわかるように、利尻ヘアカラートリートメントには利尻昆布以外にも髪に良い成分がたっぷり配合されています。 髪と頭皮によいという配合と効能・効果を詳しく解説します。

①天然由来成分で頭皮を健康に

ローズマリー
ローズマリーはお肌の若返りに特効があることが古くから知られていました。オーバーワークした筋肉を和らげる働きがあり、ストレスで硬くなった頭皮をほぐしてくれます。また新陳代謝を促すので、フケや抜け毛や髪の成長にも良いとされています。細胞を活気づける働きがあるので、頭皮につけることで色素形成細胞メラノサイトの働きを活性化し、白髪を防止する働きも期待できます。

ローマカミツレ
カモミールという名で知られているこの花は、皮膚炎、過敏肌、アレルギー肌にとても良いことで知られています。
また破れた毛細血管を治す働きがあるので、シャンプーなどで切れやすい毛細血管を修繕し、頭皮の血行を良くしてくれるので、白髪改善にも役立ちます。

ユズ
ユズに含まれるオレイン酸やリノール酸は肌の皮脂成分に近く、刺激を与えることなく頭皮に潤いを与えます。
抗炎症作用もあるので、特に乾燥して荒れやすいフケ症の改善に効果的です。

セイヨウキズタ
ウコギ科の植物で、壁を伝う「アイビー」の一種です。
サポニンやフラボノイドを含み、血行促進、脂肪分解、抗酸化作用などがあります。特に皮脂が過剰に出やすい人の頭皮を清潔にし、抗酸化作用で雑菌の繁殖を防いでくれますから、毛穴づまりによる白髪の発生を防ぐ助けとなります。

アルニカ
アルニカはキク科の多年草で、筋肉の緊張をほぐし血行を良くする働きがあり、マッサージオイルによく使用される成分です。
また菌の繁殖を抑える働きがあるので、頭皮ケアに効果的です。

オドリコソウ
シソ科の植物で、花のエキスにはフラボノイド、チラミン、タンニン、ヒスタミンなどの成分が含まれています。
収れん、保湿、育毛、過剰な皮脂のコントロールなどの働きがあり、育毛剤によく含まれています。

オタネニンジン
オタネニンジンは別名「高麗人参」「朝鮮人参」で、血行を良くして肌の新陳代謝を高める働きがあるとされています。
メラノサイトや髪の元となる毛母細胞にしっかり栄養が届くようになれば、白髪の改善や健康な髪の成長に役立ちます。

オランダカラシ
オランダカラシは「クレソン」という名で知られており、血行促進、皮膚細胞活性作用があるため白髪や抜け毛の予防・改善に大変良いとされています。また、皮脂で毛穴がつまる炎症を防ぐ抗脂漏(しろう)作用や荒れた皮膚を保湿する作用もあるため、乾燥肌・オイリー肌どちらにも効果があります。

カワラヨモギ
古くから漢方で使用されていた薬効の高いキク科の植物です。血行促進作用があるため、血行不良による白髪を改善してくれます。
また保湿作用や皮膚修復作用があるので、衰え始めた頭皮を若返らせてくれます。

カキタンニン
渋柿の渋みを作っている成分で、収れん、抗菌、消臭、抗酸化作用があります。
毛穴を引き締め、抗菌効果も強いので過剰皮脂を防ぎ、臭いも消してくれるため、シャンプーやコンディショナーにもよく配合される成分です。

センブリ
「千回煎じても(振っても)苦い」ところからついた「センブリ」ですが、毛細血管を広げ血流を良くすることで知られています。
さらに細胞の新陳代謝を促進し分裂を促す作用もあるとされ、メラノサイトが正常なメラニン色素を作る助けとなります。

②ダメージヘアを修復してくれる

さらに、これまで白髪染めで髪を傷めてしまった人にぴったりなのが、ダメージ補修成分と保護成分が含まれていることです。
加水分解(PPT)成分のケラチンやシルクは髪の成分であるタンパク質がたっぷりで、髪のダメージを補修してくれます。
また、ヒアルロン酸デンプンポリマーが髪を保護し、潤いのある髪をキープしてくれます。

③安全な染料剤

利尻ヘアカラートリートメントが使用している染料は、クチナシやアナトー、シコン、ウコンなど、古くから使用されている染料です。

市販の白髪染めが危険だといわれているのは、酸化染料のジアミン系などがアレルギーを引き起こすからです。
実際、アナフィラキシーショックで死亡した少女もいるほどで、使用を禁止している国もあるというのに、日本ではまだヘアカラーに配合されているのです。
長期間の使用で発がん性や遺伝子の突然変異、腎臓障害なども報告されており、じわじわ皮膚に浸透していくのです。

また、ジアミン系よりは安全性が高いといわれるタール系色素は酸性カラーと呼ばれるヘアマニキュアなどに使用されていることが多いのですが、これも発がん性があり、欧米では禁止されているものもあります。

また、市販の白髪染めは一度地毛の色を軽く脱色するのですが、その脱色剤である過酸化水素は洗濯時に使用する酸素系漂白剤と同じ成分です。
白髪染めを塗ると肌がヒリヒリする原因がこれ。
しかも、過酸化水素は白髪の原因になるといわれており、白髪染めで白髪が増えるなんてとんでもないですよね。

利尻ヘアカラートリートメントにはこういった危険な成分が含まれていないので、肌にはもちろん人体にとてもやさしいのです。

品のある大人カラー<栗色>が新登場
1,000円OFFのキャンペーン実施中!

↓↓利尻ヘアカラーの公式サイト↓↓
http://www.sastty.com/

累計1500万本以上売れているという実績

2009年6月から2016年6月までの累計販売数1500万本、2015年ブランドシェア第1位(株式会社富士経済調べ)という実績を誇る「利尻ヘアカラートリートメント」。
シリコーン、鉱物油、酸化剤、パラベンなど肌に危険な添加物を使用していないので、安心して継続使用できるのですね。

もちろん、天然成分で肌荒れなどの反応を起こしてしまう場合もありますから誰にでも合うとは言い切れませんが、少なくとも市販の白髪染め(ヘアダイ)のような問題成分たっぷりな製品とは比較にならないほどの安全性です。

利尻ヘアカラートリートメントの口コミを見てみよう

さて、ここで利尻ヘアカラートリートメントの口コミをいくつか見てみましょう。

利尻ヘアカラートリートメントの良い口コミ

  • 入浴中に手軽に染められる
  • 色が自然で、染めているのがばれない
  • 刺激も臭いもないので、敏感肌でも使用できる
  • 仕上がりがツヤツヤ
  • ハリ・コシのなかった髪がピンとする

利尻ヘアカラートリートメントの悪い口コミ

  • 手軽に染められると思ったが、全然染まらない
  • しっかり隠せないので、白髪が多い人には向かない
  • たっぷり塗り過ぎると、丹念にすすいでも残りやすい
  • 素手でやると手や爪に入ってしまい、なかなか落ちない
  • 染まり具合は気に入っているが、トリートメント効果はちょっと弱い

口コミを読んでみると、初めて使用する人ほど辛口コメントなのがわかります。
利尻ヘアカラートリートメントは乾いた髪に使用する方法シャンプー後に塗布する方法があるのですが、どちらをやってみた人にも不満はあるようです。

確かに、それまで手軽な白髪染めを使用していた人にとって、同じような工程を踏んでもあまり染まらないというのはがっかりですよね。
染めるという作業は時間を取るし気を使うし、結構大変です。
これをしょっちゅうやらなければいけないのか…と思うと、がっかりする気持ち、とてもよくわかります。
白髪染めと同じようにしても染まらないのなら、シャンプー後の数分で染まる訳ないよね?と思ってしまうのも無理からぬところ。

当然、シャンプー後の数分で「初めての使用でしっかり染まった!」という口コミはほとんどありません。

悪い口コミをしている人に見られる特徴

利尻ヘアカラートリートメントを気に入っている人は、何より髪と頭皮にやさしく刺激性がないこと、髪のツヤやコシが失われず、むしろ使うごとに美髪になっていくことに満足しています。

対して悪い口コミをしている人たちは、ちょっと違う観点から考えているようです。

一般的な白髪染めと比べている為に期待が大き過ぎる

はっきり申し上げますと、「よく染まる」ことと「髪を傷めない」ことは現在のところ同時にはできません
たとえ美容院で染めても、通常の白髪染めの場合使用している薬剤は市販品と同じです。
ただ、髪質に合わせて調合ができるため、刺激を弱くすることができるというだけで、どの美容院のサイトを見ても「ウチのアルカリカラーは髪を全く傷めない」と謳っているところはありません

ですから、とにかく白髪が染まることだけを期待しているのであれば、利尻ヘアカラートリートメントを使用してがっかりするのは当然です。
利尻ヘアカラートリートメントは「トリートメントしながら髪を少しずつ染める」商品ですから、髪を染めることは第一義ではないからです。

手間を省いたり間違った使い方をしている

これは、ちょっと利尻側にも責任がありますね。
自宅で簡単 約10分!白髪が染まる!!」という謳い文句は、「一度染まれば」という言葉をきちんとつけなければいけないと思います。

一度染まれば本当に1回10分、5~10日に1回使用するだけで白髪が気になることはなくなるのですが、たった一度シャンプー後10分塗るだけで「完全に」染まることはないと考えてください。
メーカーのサスティ公式ページにも「はじめのうちは、少し長めに置くと効果的です」と書かれています。
濡れた髪には10分、乾いた髪には30分程度となっていますが、よく染まるのは後者です。
シャンプー後は手軽でトリートメント重視、乾いた髪にはじっくり染毛重視と考えればよいでしょう

シャンプー後のほうが染まりが弱くなるのは、多くのシャンプーにはシリコーンその他髪のきしみを和らげる成分が配合されているからでしょう
それらが髪をコーティングしてしまうので、利尻ヘアカラートリートメントの染毛成分が入りにくくなるのです。

ですから、最初は「乾いた髪に塗布して30分」を3回ほど繰り返すことをお勧めします。
これは、1日のうちに何度もやるより日を改めたほうがよりよく染まるようです。
ラップやヘアーキャップを被って温度を上げるとさらに効果的です。

1~2回使っただけですぐに諦めてしまう

しっかり染まると思ったのに、全然染まっていない!とがっかりして1~2回であきらめてしまう人も多いようです。

しかし上で書いたように、利尻ヘアカラートリートメントはトリートメントに染毛成分を添加したものと考えましょう。
早く染めたい場合は毎日乾いた髪に30分塗布し、きれいに染まるまでは外出時は一時染毛料でカバーすると良いですよ。

また、利尻ヘアカラートリートメントは染まるといっても白髪染めほどにはしっかり色が入りません。
でも、その分伸びてきた白髪がとても目立ちにくいのです。
真っ黒に染まった髪の根元から伸びた白髪はたとえ5ミリでもすごく目立ちますが、茶色~黒褐色に染まった髪に白髪が伸びてもあまり気になりません。
また、5日~10日ごとに染めればその都度新しく伸びた白髪部分に少しずつ色が入っていくので、さらに目立たないんですよ。

品のある大人カラー<栗色>が新登場
1,000円OFFのキャンペーン実施中!

↓↓利尻ヘアカラーの公式サイト↓↓
http://www.sastty.com/

利尻ヘアカラートリートメントの上手な使い方と綺麗に染めるコツ

一般の白髪染め(ヘアカラー)と同じところと違うところ、しっかり押さえましょう。

素手でもOKとなっていますが手袋を使いましょう

乾いた素手に使用すると落ちにくいので、必ず手を濡らしてから使用しましょう。
できればビニール手袋を使ったほうが安心です。
特に、冬より夏のほうが落ちにくいようです。
保温するとよりきれいに仕上がる性質の商品ですから、手の体温が高いほど染まってしまい、落ちにくくなるのです。

使用量をケチらず特に初回は多めに使いましょう

一般の白髪染めと違い、利尻ヘアカラートリートメントは最初から茶褐色~黒い色がついています。
そのため、つい少なくても染まるような気がしてしまいますが、実際に使用するのは髪の量にもよりますが、これが1回分程度

髪をすべて染めるには、普通の白髪染めと同程度の量を目安にしましょう。
特に初回や、頭頂部や顔の回りなど白髪が気になる部分には、髪が見えなくなるくらい「盛る」と染まりがよくなります

汚れてもいい専用のタオルを準備しましょう

たっぷり塗れば塗るほど、すすぎをしっかりしないと色移りや色落ちします
汚れてもいい専用のタオルでしっかり拭きドライヤーで乾かすと色が定着します。
また、どうしても毛穴に入り込んでしまうので、いくら念入りにすすいでも完全に落ちないことがあります。
特に乾いた髪に使用した日の夜は枕が汚れる場合がありますので、専用タオルでカバーしてくださいね。

効果には個人差があります。すぐに諦めないで!

実は、髪には染まりやすい人と染まりにくい人がいます。
髪質が細い人やパーマ、白髪染めなどで傷んでいる人ほど染まりやすいのです。
これは、髪の表面を保護するキューティクルが開いているため、染料がその隙間に浸透しやすいからです。
太い人や硬い髪質の人は、キューティクルが非常に厚くしっかり閉じているので、健康な分染まりにくいのです。

ですから、なかなか染まらないからとあきらめず、髪と頭皮を傷めないために使い続けてみることをお勧めします。

染まりにくい人は以下の方法を試してみて

公式ページではこのような方法を推奨しています。

そのほか、実際に使用した人からの口コミでは

といった方法を取っている人もいます。
最後の「シャンプーしない」は、毛穴などに残っている場合色落ちがしたりかゆみが出たりすることがありますので、かなりしっかり湯シャンすることが必要です。

また、市販の白髪染めについているブラシがご自宅にある場合は、手と併用すると細かい部分まで塗りやすくなります。
目立つ部分はまずブラシでたっぷり塗って、その上からさらに手で盛るようにすると細く短い毛も色が入りやすくなりますよ。

色持ちを良くするにはシャンプーにも拘りましょう

利尻ヘアカラートリートメントはキューティクルの隙間にも入り込みますが、基本的に髪の表面を染めるタイプです。
そのため、洗浄力が強すぎるシャンプーを使用すると表面の染料が落ちやすくなります。
洗浄力が穏やかなアミノ酸系シャンプーのほうが色持ちはずっと良いです。

同じシリーズで利尻カラーシャンプーや利尻カラーケアコンディショナーもあります。
利尻カラーシャンプーはヘアカラートリートメントと同様、使用していくうちに染まっていくタイプで、汚れだけ落としカラーはキープしてくれるというスグレモノ
髪を傷めずにできるだけ早く染めたい方は、トリートメントとシャンプーのW使用をお勧めします。

パーマやヘアカラーの前後2~3週間は使用禁止!

利尻ヘアカラートリートメントに限らず、海藻類を配合しているカラートリートメント剤やヘアマニキュアを使用している人がパーマやヘアカラーする時には、絶対忘れてはいけないことがあります。

利尻昆布をはじめとする海藻類には、鉄分が含まれています。
これがパーマ液と反応してしまい、パーマがかかりづらくなってしまい、カールをきれいにつけるためにはかなり時間がかかってしまうのです。

また、白髪染め・おしゃれ染め(ヘアカラー)に配合されている酸化染料と、利尻ヘアカラートリートメントが色持ちを良くするために添加しているHC染料が化学反応を起こし、髪が緑色に変化してしまうことがあります。
また、パーマ液のアルカリ剤とも反応してしまい、緑や青に変色することがあります。

一度変化してしまうと、基本的に色を元に戻すことはできません。
美容院によっては一度漂白し、再度色を入れるという方法を取ってくれるところもありますが、髪がかなり傷みます。

そのため、パーマやヘアカラーの前後2~3週間は利尻ヘアカラートリートメントやシャンプーは使用しないでください。
また、美容院には必ず事前に伝えておきましょう。

利尻ヘアカラートリートメントの購入は

利尻ヘアカラートリートメントは公式サイトからのほか、楽天やAmazon、Yahoo!内の多くのショップで購入することができます。
ポイントを貯めている人は公式サイト以外で購入したくなりますが、どうせ買うなら公式ページがお勧め

今ならお得なキャンペーンを実施中です!

公式ページは、他のサイトでは行なっていないキャンペーンを随時行っています。
今なら、初回に限り定価3,000円(税抜き)を1,000円引きの2,000円(税込み2,160円)で購入できます。
特に初めては不安ですから、少しでも安く買いたいですよね。

また各サイトのショップで購入する際の不安は、本当に正規品か、あるいは商品の保管状態が適切かどうかわからないということです。
楽天市場のあるショップで購入した人からの口コミに「中身が半分くらいしか入っていなかった」というのもありましたから、それが本当だとしたらちょっと怖いですよね。

公式サイトからの購入なら、そんな心配はありません
初めて使うのであればこそ、安心できる公式サイトで購入することをお勧めします。

品のある大人カラー<栗色>が新登場
1,000円OFFのキャンペーン実施中!

↓↓利尻ヘアカラーの公式サイト↓↓
http://www.sastty.com/

髪の毛は、一度傷んでしまったら絶対に修復されません
コンディショナーやトリートメント剤は傷みをコーティングすることで表面を美しくするだけです。
白髪染めは一度できれいに染まりますが、その分髪の毛や頭皮のダメージが強いのはご存知だと思います。
髪や頭皮がどんどん弱って、白髪だけでなく抜け毛や切れ毛、脱毛などを引き起こす前に、大切な髪を守りましょう。